top of page

子どもの歯並び気になるけど…。

「子どもの歯並び気になるけど…。」

こんにちは!甲賀ラブしがデンタルクリニック院長の西川です。

このようなお悩みをお持ちの親御さんいらっしゃいますでしょうか?

「子どもの歯並びは気になるけど、矯正したくても費用的にできない」

矯正治療は基本的に保険が効かない治療方法ですので、一般的に高額な治療になります。してあげたいけれど今はコスト的に難しい。この子が大人になって本人がやりたかったらやったら良いかな、という患者さんも実際多くおられます。

今日はお子さんの矯正治療の方法について説明します!

結論としては、お金がかからず装置を使わず行える歯科矯正があります!

小児矯正治療の方法として4つ挙げます

1、取り外し式の矯正装置

最も一般的な小児の矯正治療としまして、取り外しできる矯正装置があります。寝ている時やお家にいる時に装着してもらうタイプの矯正装置になります。こちらはインターネットで購入できるものもありますが、どの時期まで装着するのか、正しく装着できているか、正しくメンテナンスできているか、どのタイプのものを装着するのがベストか、最初と比べてどのように改善したか、ということは我々専門家の歯科医師でないと分かりませんので、安易に値段だけに惹かれて購入して装着するのはやめた方が良いと思います。余計に歯並びが悪化することもあり得ます。

2、部分的に矯正する

部分的に歯並びが悪く、早急に改善が必要な時は、歯の一部に装置を装着して矯正することがあります。「たかが子どもの歯並び」とお考えになられるかもしれませんが、上顎の歯の成長は脳を納める頭部の骨の成長と連動しているので、上の前歯の歯並びが狭いままの歯並びだと、脳の発育も阻害される可能性があります。「たかが子どもの歯並び」で終わらない可能性があると言うことです。

歯を動かすタイミングを失うと大人の歯の永久歯も不正な歯並びになる確率が高いので、「なんかこの子の歯並びおかしいかも」と思われたら一度ぜひ当院までご相談してください。

3、舌の位置を正しい位置に置くクセをつける

「舌の位置」という言葉をあまり聞き慣れないかと思うのですが、舌の位置は適切なポジションがあり、そこに舌がないとすきっ歯になったり、出っ歯になったり、口がポカーンとあいている、通称「お口ポカン」になりやすく、結果として成人になっても食事しにくくなったり、鼻が詰まりやすくなったり、虫歯になりやすくなったり、口臭がひどくなったり、風邪をひきやすくなったりする可能性があります。

こちらも2と同様に、「たかが子どもの歯並び」で終わらず、生涯に渡って悪影響が出てくる可能性があります。

こちらの舌の位置のポジショニングのトレーニングは保険が効きますので、高額な金額はかかりません。

この舌の位置はとても大事で、これができないと高額な矯正治療を行なっても、元の歯並びに戻る「後戻り」しやすくなります。成人になってからこの「舌の位置」を意識して改善するのはとても難しいので、お子さんの時期から正しい位置に矯正することを強くお勧めします。

細かい話をすると身体の姿勢なども歯並びに関わるのですが、長くなるのでまた別の機会にさせていただこうと思います。

4、歯並びが良くなりやすい食事にする

実は歯並びが良くなりやすい食事というものがあります。我々歯科医師は器具や薬剤、技術でなんとか患者さんの症状を改善しようと思いがちなんですが、それだけでは症状が良くならないことも多々あります。そのような時、原因として当てはまるのが患者さんの普段の生活や環境が好ましくないと、いくら正しい治療や最高の器具・薬剤を用いても改善しないのです。結局、治療というものはあくまでも患者さんに良くなってもらう補助ぐらいのもので、日常どのような生活をされているかということがとても大切なのです。

このようなお話をすると、親御さんの皆さんとても驚かれます。

実際、適切な歯並びのお子さんはとても少なくなっています。現在、小児歯科でも歯並びが良くない子どもがとても増えてきている、ということが大きな問題として扱われています。もちろん理由は1つや2つではなく、たくさんあると思うのですが、少しでもこの状況が良くなるように当院から情報を発信していきたいと思います。

正しい食事をしていただくことを「食育」と言いますが、こちらの食育も当院の指導の一環になりますので高額な金額はかかりません。

前述しましたが、高額な矯正治療をしても歯にとって不適切な習慣がありますと、少しずつ元の歯並びに戻ってしまいます。ですので上記3、4のようなことは日本語で言うひらがな、英語で言うアルファベットのようなとても基本的なものですがとても大切なもので、ぜひ意識してマスターすることが将来の自分の歯を残して健康でいつまでも元気にという「健康寿命を伸ばす」と言う意味でも非常に重要です。

以上から、お金がかからず装置を使わず行える歯科矯正があります!ぜひ当院までご相談ください。






閲覧数:184回

最新記事

すべて表示
bottom of page