top of page

ホワイトニングについて知りたい!

こんにちは!甲賀ラブしがデンタルクリニック院長の西川です。

いきなりですが、みなさんは初対面の方にどう思われたいでしょうか?

「別に良く思われたくない!」という方は少ないのではないでしょうか?

「変な誤解を与えたくない、できれば良く思ってほしい!」このような気持ちが誰にでもあると思います。このような気持ちは、社会で生きる人間の本能、率直な気持ちだと思います。

初対面での第一印象は最初のたった3秒~5秒で決まると言われており、特に顔の表情を含め、口元や口臭は第一印象を決める重要な要因である、と言うアンケート結果が多数出ています。

口元と言うと、歯並び、歯と歯の間のスキマ、歯の着色、歯の元々の色、歯の元々の形や大きさ、など様々あると思うのですが、今日は歯の色 ズバリ「ホワイトニング」についてお伝えいたします!

「芸能人は歯が命!」というCMを知っている方は私と同世代です!知らない方は是非検索して見てください!

このたった数十秒のCMによって、「歯が白い」ということは「健康で清潔でモテる条件」ということを世間に知らしめたCMでした。(映像の影響力って本当にスゴイですね)

当時、私を含め、歯を白くしたい!と思われた方は少なからずいらっしゃったのではないでしょうか?

実は、世界的にも「歯が白い」ということは一種の憧れのステータスで、みんなが白い歯を求めるために、ホワイトニングは巨大産業となっています。ただ、そのため様々な業種が参入してきている分野になります。

昨今、ホワイトニングに関する歯磨き粉やインターネットで多数グッズが出ていたり、海外のサイトから薬剤を個人輸入したり、スポーツクラブやエステサロン等でセルフホワイトニングされているところもあるかと思います。

実際に、「ホワイトニングって歯科医院でやった方が良いの?」という質問をされる患者さんもいらっしゃいます。

結論としては、ホワイトニングは絶対歯科医院でやった方が良いです!!

その理由は5つあります!

1、安易なホワイトニングは歯を痛める行為かもしれない

ホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉は多数ありますが、そのような歯磨き粉の中には、成分の1つである研磨材が通常より多く含まれていることがあり、結果として確かに歯が白くはなるかもしれませんが、健康な歯も歯磨きによって削ってしまっているということがあります。結果として歯がとてもしみてきたり、虫歯になりやすくなってしまうことがあります。そうなる前に、ぜひ専門家である我々歯科医院に相談してください!

2、歯の色が正常な色かどうかは専門家でないと判別できない

患者さんは歯の色が気になるとおっしゃっていても、実際は健常な歯の色であり、ホワイトニングする必要がない、ということがありますが、これを判断できるのは歯の専門家である歯科医師・歯科衛生士以外にはいません。未成年の歯の平均の色、青年の歯の平均の色、壮年の歯の平均の色、高齢者の歯の平均の色、歯における着色異常の原因とその色と対応策など、豊富な知識と経験がありますので、ホワイトニングを考えていらっしゃる方はぜひ当院までご相談ください。

3、何か異常が起こった時、対応ができない

我々は「歯の専門家」です。専門家である我々は当然ですが、歯の発生や構造、解剖、組成、形態、色などについても専門的な教育を、どの職種の方よりも受けてきております。ですので、歯科医師・歯科衛生士以外の方が安易に歯のホワイトニングを行うことは非常に危険です。

それは、何か不具合が起こった時は、完全に自己責任となってしまうという点です。特に身体において、そのような、なんとなくで安易な行動を起こされることは大変危険です。歯科医院以外でのセルフホワイトニングに使用する薬剤は、専門の研究や効果の検証、数年後の人体への影響研究などは一切されていませんので、数年後に健康被害を受ける可能性があります。よって、もし何かトラブルが起こった時、完全な自己責任になり非常に危険です。知識なき医療行為は「暴力」になり得ます。

4、ホワイトニングで歯の着色が改善できるかどうか判別できない

歯の色に関しまして、歯の表面に問題があるのか、歯の内部に問題があるのか、歯の発生時に問題があるのかという診査・診断をすることは歯科医院以外では不可能です。「効果があるかどうか分からないけどやってみよ~」と言う運否天賦の行為は、生体においては取り返しのつかない結果になることがあります。

5、ホワイトニングには適切なタイミングがある

「ホワイトニングいつやるの?今でしょ!!!」と言いたいのですが^^、実はホワイトニングには行う適切なタイミングがあります。

もしご自身の歯に治療が必要な時、ホワイトニングをするタイミングを間違えると、高額な白いつめ物やかぶせ物をしても、とても不自然な色になってしまうことがあります。

自然な色のつめ物・かぶせ物にするにはもう一回治療をやり直してお金も同額いただきます、と言うことがあります。ホワイトニングを行うタイミングは治療を行う歯科医師にしか分からないので、「急がば回れ」で、お口の中の悩みは最初から歯科医院にご相談されることを強くお勧めします。

やはり餅は餅屋です!ノウハウの多さ、引き出しの数は専門家には敵いません。当然ですが、私も歯科以外の他の業界のことは全く分かりません。素直に教えを乞うて従います。それが他業種の方に対する最大のリスペクトだと思っております。

以上、5つの理由によりホワイトニングは絶対歯科医院でやった方が良いです!!


閲覧数:426回

最新記事

すべて表示
bottom of page