top of page

子供の矯正相談は、いつがいい?

こんにちは!甲賀ラブしがデンタルクリニック院長の西川です。

患者さんからこういうことを良く言われます。

  • 「この子の歯並びは問題ないですか?」

  • 「子供の矯正って何歳からした方が良いですか?」

  • 「矯正相談って何歳のときに受けるのがベストですか?」


今日は、お子さまの矯正相談は何歳に受けたら良いかについてお伝えいたします!


結論としては、お子さまの矯正相談については、早ければ早いほど良いです!


その理由は5つあります!


1、異常な歯並びは脳の成長を妨げる

異常な歯並びは脳の成長を妨げることがあり、取り返しがつかないことがあります。脳や筋肉、骨などの成長は大きく成長する時期があり、それを逃すと歯並びの改善が難しいことがあります。是非対処しやすい時期に適切な処置をすることをお勧めします。


2、正常な歯並びは自分では分かりません

正常な歯並び・問題がある歯並びは自分では分かりません。またネットの情報も珠玉混合で、数多の情報から何が正しいか判別するのは不可能かと思います。また適切なかみ合わせの診断となりますと、より専門的な知識が必要になります。是非当院までご相談ください!


3、小児で矯正をした場合、成人した時、矯正しないで済むことがあります

小児期で適切な時期に適切な装置やトレーニングを続けることで、成人になった時、矯正が不要になることも良くあります。適切な歯並び・かみ合わせは、虫歯や歯周病になりにくくなり、不適切な歯並びの方と比べると歯の寿命がとても長くなります。これは厚生労働省の統計からもそのような結論が出ています。また食物を効率よく咀嚼することができるため、消化をしやすくなり、胃や小腸といった消化器系が癌になりにくくなることも分かっています。

もちろん、見た目の改善もされますので、より前向きな人生の一助になることが予想されます。他にも良い歯並びで得られるメリットはまだまだあります。結果として歯並びの改善によって得られる恩恵というものは驚くほど数多くあります。


4、妊娠時も油断しないでください

妊娠時の過度なダイエットなどにより栄養の偏りや不足も起きてきており、それらが乳歯の形成や顎顔面口腔系の発育に影響を与えますが、そのような事実を知ってらっしゃる方はほとんどいないので、ぜひ妊婦歯科検診を受診していただいて正しい知識を身につけてください。


5、出産後もいろいろあります

出産後も、乳児の不適切な寝かせ方や極端な寝癖で顎顔面頭蓋が変形していきます。また正しい姿勢で授乳しなければ、顎や口の周りの筋肉、舌の正常な発育はできません。ぜひ当院を受診していただいて、早い時期から予防・対処していただくことが一番かと思います。


以上の5点からお子さまの矯正相談は早ければ早いほど良いです!

閲覧数:196回

最新記事

すべて表示
bottom of page